【注意!】公務員との結婚で、多くの女性が勘違いしている事3つ

収入・社会的立場ともに公務員の男性と結婚すれば、女性は無理に働き続けなくても安心して暮らしていけるはず!公務員の男性と結婚して幸せになりたい!と思っている女性は、婚活をしていると比較的よく見かけます。

ですが、世間一般が公務員に対して抱いているイメージと現実には、少なからずギャップもあるということは、ご存知でしょうか。この記事では、現役女性公務員の筆者から見た、公務員へのイメージに関する勘違いについて、いくつかご紹介してみたいと思います。

 

勘違い1:公務員と結婚しても、家族を全員養えるとは限らない

「公務員」と一口に言っても、地方自治体の職員から警察官、消防士、教師、官僚にいたるまで、その職業はさまざまです。また、公務員には初級、中級、上級というランク分けがあり、その試験内容もランクによって大きく異なります。

公務員と結婚すれば、収入が安定しているから安心して専業主婦になれる!と考えている方は多いように感じますが、初級公務員の資格で、人口が少なく税収が少ない地方自治体に就職している場合、将来的にそれほど多くのお給料がもらえるようにはならない可能性が高いと言えるでしょう。

 

また、昇給はほぼ年功序列にしたがいますので、実績を残していたとしても、勤続年数が伸びない限りそれほど年収は上がっていきません。女性が専業主婦になった場合、20代のうちに子どもをもうけると、家計に余裕はほとんどなくなってしまうと考えてよいでしょう。

 

勘違い2:毎日早く家に帰って来られるとは限らない

公務員は残業がなく、残業したとしても残業代はしっかり出て、有給も間違いなく取れて、家族サービスをしてくれる時間が長いはず!と考えていませんか?

公務員だからと言って、全員が早く帰って来られるわけではありません。

働く場所や部署、役職によっては、一般企業と同じくらい、あるいはそれ以上に残業をしなくてはならないことは少なくないのです。

その代表が「教師」だと言えるでしょう。中学校や高校には部活動がありますが、部活動の顧問はほとんどの場合、その学校に勤める教師がおこなっていますよね。

ところが、部活動の顧問になっても、休日出勤手当や残業手当と部活動は関連してこないのです。生徒の部活動に付き合って、20時頃まで生徒の監督や指導をしたとしても、それはあくまでボランティア活動と同じような扱いを受けますので、給料はまったく発生しません。部活動強豪校の運動部顧問になった場合、遠征や合宿などがあったときには、基本的に休日返上で生徒の引率をすることになっています。
そのように部活動に熱心な教師の男性の場合、家族を同じようにかえりみてくれようとしても、時間が足りませんよね。

また、人口が大きな都市の行政職員だった場合、定時に家に帰れることはほぼないと思っていいでしょう。都内の区役所を外から見てみると、21時を過ぎてもごく普通に電気がついていることが分かります。また、部署内の風土によっては、それらがサービス残業であることも少なくありません。

 

勘違い3:災害時には必ず出勤する

台風や地震などの自然災害が発生した際、区役所や県庁などに勤めている公務員は、災害から国民を守り、被害の復旧をおこなうため、基本的に出勤することが求められています。

危険がともなうところに行かないでほしいといくら妻であるあなたがお願いしたとしても、国家に奉仕する公務員である以上、いっしょに家で被害がおさまるのを待つことはできないのです。

公務員は基本的にオフィスワークだから安心!と思い込んでいませんか?実は、災害時にはいちばんたいへんなところに行くのが公務員だということは、ぜひ知っておいてくださいね。

 

公務員男性の特徴|公務員はどんな男性が多い?

管理人は、実際に4年間役場に非常勤として働いた経験があります。

300人くらいの男性がいましたが、大きく7つのグループに分けることができます。

公務員男性との結婚を望んでいる方は、公務員の男性はどんな特徴を持った男性が多いのか?を参考にしてみてください!

 

1)ザ、公務員タイプ

このタイプは知らない人が見ても公務員っぽいよねと言われる外見と中身をしています。外見はいたって普通。中身はまじめで安定感があり、公務員特有の融通のきかなさがあります。もっと機転を効かせればよいのにと思うことがありました。マニュアル重視で特例に弱いザ、公務員タイプです。このタイプは30代のころには結婚して子供がいる割合が高いです。

 

2)飲み会、スポーツサークル活動大好きイケイケタイプ

公務員には意外とこのタイプがたくさんいます。彼らは協調性にすぐれ、仲間を大事にする人が多いです。フットサルやスノボが大好きです。このタイプは既婚率は低めですが、とにかく女性との出会いの場が多いのでモテルタイプだと思います。

 

3)意外と狙い目の30代、40代独身男性

働いていていつも不思議に感じていました。意外とこのタイプが多いのです。外見は普通。中身も安定感がある。しかしなぜか40になっても独身。結婚するには申し分のないタイプだと思います。なぜ彼らが独身なのか観察してわかったことがあります、彼らは結婚に対してあまりガツガツしていないのです。女性に興味がないわけではないのですが、別に彼女いなくていいや、結婚しなくてもいいやタイプが多いなと思いました。このタイプにはかなり押しを強くするとコロッと結婚まで持ち込める可能性が非常に高いです。結婚を本気で狙うならこのタイプが一番オススメです。

 

4)コアな趣味にはまるタイプ

このタイプはかなりの率で独身です。ジャニーズグループに全てを捧げる男、宝塚にはまる男、パチンコしか興味がない男などかなりコアな趣味に没頭しているタイプです。外見はおとなしめが多いです。彼女なし、独身率もかなり高めですが、一番難しいタイプであると思います。私はジャニーズ追っかけの公務員を本気で好きになりなんとか付き合いたいと無理矢理趣味を合わせたりかなり努力しましたが、彼の心はいつもオシメンにあり私には全く興味を持ってくれませんでした。パチンコに没頭している男もいましたが、頭の中はパチンコしかなかったです。このタイプをものにするのは相当難しいです。しかし自然に趣味が合った場合はすごく仲良くなれそうな気がします。

 

5)大学のサークルのノリ的な爽やか男子

このタイプは爽やかな外見をしています。性格も気遣いができ優しいです。女子が付き合いたいと思うタイプだと思います。こんな人と結婚できたらなーと思えるタイプです。このタイプは身近なところから仲良くなって付き合う人が多い気がしました。同じ職場の同期とか、非常勤とか、サークルのマネージャーとかです。一緒の職場で働けたらもしかしたら!のタイプだと思います。

 

6)とにかくうんちくを並べるタイプ

意外と多いのもこのタイプです。このタイプはちょっと意地の悪い顔をしていることが多いです。クロブチめかね率も高いです。彼らは細かなことにもこだわりを持っているためとにかく話が長いのです。このタイプを好きになった場合はとにかく尊敬しているところをアピールし、彼の長い話にとにかく付き合ってあげることです。話を聞いてあげることが彼らにとっては一番のよろこびだと思います。

 

まとめ

いままでの職場で働いた経験をもとにいろいろなタイプの公務員を紹介してみました。

実際に官公庁に行って一緒に働くとなるほど!こんなタイプいるいると共感してもらえると思います。

彼らの性格、タイプをしっかり把握し、自分に合った人を是非みつけてくださいね。

公務員男性と出会うために注目したい、5つの出会いの場

将来的に公務員の男性との結婚を望んでいる女性は多いでしょう!それでは、公務員の男性とはどこで出会うことができるのか?

公務員男性と出会える可能性の高い場所をご紹介します。

 

1)非常勤職員として官公庁に勤める

一番公務員と出会える場所はやはり彼らが勤める職場です。私も実際に結婚相手を見つけるために非常勤職員として働いた経験があります。実際に働いてみて感じたことは公務員は飲み会や集まりが多いなということでした。またプライベートでも飲み会(合コン)に呼ばれることが多く、独身男性と仲良くなる環境が整っていました。

 

公務員は人気があり結婚相手を見つけるのは難しいイメージがありますが、実際には彼女なし、独身の方もたくさんいます。そういう人たちは口下手でおとなしいことが多かったので、積極的に喋りかけたり、頑張ると仲良くなることができます。公務員と出会える一番の場はやはり職場に入り込むことだと思います。そして、実際に男性公務員と女性非常勤のカップルは多く、出会ってから結婚までの期間が短いように感じます。

 

2)合コンをするときに、公務員に幹事をしてもらう

次におすすめなのが誰か公務員を知っている友達に頼んで合コンを開いてもらうことです。実際、公務員は飲み会が好きな人が多く、毎週合コンに参加している人もたくさんいました。

 

また公務員に幹事を頼むと公務員仲間をたくさん連れてきてくれることが多いです。ただし全然関係ない人ばかりが集まるケースもあるので、できれば事前に公務員仲間を呼んでもらうよう頼んでおくのをおすすめします。

 

3)意外と多い婚活サイト利用者

しかし飲み会や皆で騒ぐのが苦手な公務員もたくさんいます。アイドルオタクだったり、釣りが趣味という人たちは目立たない人が多く、昼休みなども一人で過ごすことが多いです。彼らは合コンなどではなかなか出会うことはできません。

 

ではどこで出会うかというと、趣味の場であったり、お見合い、上司の紹介、婚活サイトです。実際に私もフェイスブックに連動した婚活サイトを利用したことがあります。フェイスブックを見ることができるので信憑性が高いです。職業をみると公務員の方もたくさんいました。

 

私が利用していた婚活サイト「Omiai」では20代後半~40代前半くらいまでの公務員が多かったです。※Omiaiについてはこちらのページに詳しく書いてますので、ご参考ください。

 

4)趣味の場で出会う

趣味の場で出会うのはなかなか難しそうですが、一度出会ってしまえば、趣味を通して仲良くなれそうです。というのは実際に官公庁で働いてみて、サッカーや野球など地元のチームで毎日のように熱心に練習に励んでいる方が多いと思ったのです。

 

特に盛り上がっていたのはフットサルです。フットサルは男女が一緒にすることが多いです。地元のチームを探してみてマネージャーやプレイヤーとして加入すればかなり仲良くなれると思います。

 

5)お見合いの場で出会う

最後になりますが、一番手堅い出会いの場はお見合いだと思います。紹介してくれる人が近くにいればよいのですがそうでない場合は結婚相談所や婚活パーティーに行きましょう。役場が提供している結婚相談所は金額が無料のことが多いです。登録して公務員の方を希望すれば、条件にあった場合紹介してくれます。

 

6)婚活パーティーで出会う

市町村で開催する婚活パーティーがたまにありますよね。婚活パーティーはかなり穴場だと思います。結構人数合わせで公務員の方が婚活パーティーに参加していることが多いんですよ。しかし人数合わせといっても既婚者はいませんので、話が合えば仲良くなれてそのまま結婚なんてこともあるかもしれません。

 

あと市町村が開く町探検、歴史探訪などのイベントも広報しにのっていますよね。そのイベントにも必ず公務員が参加しています。しかも独身の若手が参加していることが多いんです。参加しない手はないですよね。

 

公務員と結婚したいならとにかくいろいろな飲み会などに参加して出会いの場を自ら切り開いていくことが大切だと思います。

公務員と結婚する4つのメリット

公務員は、結婚相手として人気の職業です。

公務員とひとことで言っても、大臣や裁判官、国会議員、地方公務員、消防士、警察官、自衛官、教師など様々な職業があります。

ただ、これら公務員どの職業でも、共通して結婚するメリットがあります。どのようなメリットがあるのか以下でお伝えします!

 

1)福利厚生が充実している

公務員が一般企業と比べて充実している点は、福利厚生です。公務員は民間企業や国民の手本となる存在なので、労働基準がしっかりと守られています。公務員は入社1年目から20日間の有給休暇がもらえます。有給休暇の他にも、夏季休暇、ボランティア休暇、結婚休暇、病気休暇、保育や子供の看護のための休暇などたくさんの休暇制度が整っています。会社の制度にもよりますが、これほど多様な休暇制度を利用できる一般の企業はほとんどありません。民間企業で働く人々は、有給休暇も会社の迷惑にならない日程を考慮して遠慮しながら有給休暇を取ったり、病気での欠勤を有給休暇にあてて消化する人が多いです。公務員が病気になった時には、連続で最大90日まで有給として休むことができます。民間企業でここまで充実した休暇制度は難しいのが現実です。公務員男性と結婚すると職場に休暇制度が整っているので、旦那と旅行やレジャーに出かけて楽しむ環境が備わっているのです。

 

2)リストラがない

公務員男性と結婚するメリットとして大きいのは、公務員にリストラがないこともあります。民間企業で働く会社員が仮に刑事事件を起こした場合には、会社を懲戒免職になることがほとんどでしょう。いっぽう、公務員の場合には停職で済むことが多いです。たとえ、仕事のできない人であっても、遅刻や欠勤が多い人でも、公務員が会社を首になることは無いと言っても間違いありません。民間企業の場合には、勤務態度が悪かったり、仕事の能率が悪い人は、リストラの候補にあがる危険がともないます。公務員のほとんどがその能力に関係なく、毎年自動的に昇給していくのです。公務員の男性と結婚すれば、将来リストラされて旦那の仕事が無くなったり、給料が下がって家計が苦しくなるような心配をしなくて済むでしょう。

 

3)給料が安定している

公務員の男性と結婚するメリットとして、給料の高さと安定性があります。公務員の給料は、民間企業の平均賃金に合わせて調整されているのですが、一般的に、民間企業の労働よりも公務員の平均賃金が高いのが現状です。公務員は、月給だけでなくボーナスも高いです。月給によってボーナスの額も変わるので、役職が上がり月給が高くなればそれだけボーナスもたくさんもらえます。また、公務員の退職金も、民間企業に比べて高いです。国家公務員が定年まで働いた場合の退職金は、平均で2,000万円以上になります。これは、民間企業の平均の退職金の額をはるかに上回ります。民間企業の場合には、退職金制度自体が存在しない企業もあります。退職金も高い上に、年金も手厚いので、公務員は老後の生活費に困ることが少ないでしょう。

 

4)社会的信頼が高い

公務員の男性と結婚するメリットには、公務員が社会的に信頼された職業だということもあります。これは、安定した給料や充実した福利厚生が公務員にあることが理由でもあります。公務員の男性と結婚することは安定した将来を見込むことができるので、娘の将来を安心する両親も多いでしょう。また、公務員は国によって保障されている職業なので、社会的信頼も高いのでローンもくみやすいです。家を建てるときの住宅ローンの審査も、公務員の場合にはすんなりと通ります。住宅ローン審査で断られることが無いので、金利の安い銀行を選ぶことができるでしょう。

 

まとめ

公務員の男性と結婚すると、安定した収入や充実した福利厚生、社会的信用を得る事ができ、恵まれた結婚生活を送ることができる可能性が高くなるでしょう。

ただ、公務員のメリットを目的として、結婚パートナーを選ぶと、結婚生活が上手くいかない危険もあります。メリットよりも、まず第一に考えることは本当に相手を好きなのかどうかです。公務員のメリットだけに結婚を左右されないようにすることが大切ですね。

【意外と知らない!】公務員との結婚で味わう苦労・大変な点4つ

お見合いパーティーなどでも公務員と言うのは人気ナンバーワンと言っていいかもしれませんね。
中には、「男性が公務員限定」のお見合いパーティーなどもあったりします。

公務員の人気の秘密はやはりその安定性。やはり一般企業の場合は倒産したり業績が傾いたり…などということも十分あり得ますから、大企業だからと言って安心できないという感じがしますよね。その点で言うと、リストラや大幅な減給などもなく、定年まで確実に働けて安定した収入が見込める公務員が人気なのは無理もないところです。

しかし、どんな仕事にも大変なところはあるものです。ここでは、公務員と結婚すると苦労するところや大変なところについてまとめてみました。

 

1)「税金で食っているくせに」という世間の目

公務員と結婚して大変なことの一つとして、「周囲のやっかみ」ということが挙げられます。

例えば普段から公務員に対して「俺達の税金で食っているくせに」などと言う人がいますね。また、景気が良くなったときなどに公務員のボーナスが上がったというニュースや公務員の不祥事などを聞けばバッシングされたり…など、将来的にはママ友の間でも知らないうちにやっかまれることもあるかもしれません。

 

2)給料がとても高いわけではない

公務員というととにかく安定しているのが強み。そして、一般的には高給取りのようなイメージもありますね。でも実際のところ、公務員の給料というのはどんどん減っているというデータがあります。

例えば平成25年の地方公務員の平均年収は、一般行政職で633万8000円。これは5年前と比較して47万2000円の減、さらに10年前と比較すると78万5000円も減少しているのです。

また、一般企業に比べて昇給の幅も少ないケースも多いもの。勤続5年になるのに未だに手取りが20万に満たないなんていう人もいたりします。世間一般のイメージよりは意外に収入は少ない場合も多く、子供が産まれた後は共働きをしないといけない…なんていうケースも。さらに、世の中の景気が良くなっても給料が大幅に上がるわけではないのに、不況のときには世間からバッシングを受けたり実際に減給になることもあり、「不条理だ…」と感じることもあるかもしれませんね。

 

3)副業ができない

公務員には原則的に副業をしてはいけないと法律で定められています。万一副業したことがバレてしまうと、戒告や減給・停職などの懲戒処分を受けます。なので、万一生活費が足りない、親の急な入院など収入が不足してしまった場合にも副業で収入を得ることができないのがデメリットです。そうなるとやはり妻のほうが働かないといけなくなりますね。

公務員の妻=安定、だからずっと専業主婦!とはいかない場合も多いかもしれません。

 

4)ストレスがたまりやすい

公務員というのは、地域に関わって人と対応することが多い仕事ですから、どうしても人間関係のストレスをため込みやすいと言えます。実際のところ、平成26年度のデータではなんと全国で1万7730人もの地方公務員が病気で長期休職をしているということがわかっています。

そしてその長期病休者の疾病の原因のダントツのトップはうつなどの「精神疾患」で、その数はここ15年ほどで激増しているのです。なので、公務員と結婚する場合は、夫が仕事で抱えたストレスを溜め込まないように、妻、そして家族全体でケアしていこうという心構えが大事だと言えますね。

 

まとめ

この記事では、公務員と結婚すると苦労するところや大変なところについてまとめてみました。

婚活女性に大人気の公務員男性ですが、意外に苦労する点というのもあるんです。安定性などのメリットだけでなく、デメリットと思われる点もきちんと理解してから婚活をするのが大事だと言えますね。